温泉編

東北地方は温泉の宝庫です。名湯・秘湯から宿の温泉まで。今回の旅行ではあちこちのお湯に入ってきました。温泉編では、その中でも特に印象に残ったところを紹介することにします。

蔦温泉
蔦温泉は、十和田湖の少し北にある温泉です。ここは特に浴室が素晴らい。落ち着いた雰囲気で、日常を忘れることができます。建物もひなびたよい雰囲気。お湯もさっぱりしていて気持ちがよかった。
酸ヶ湯温泉
酸ヶ湯温泉は、青森県内で最も有名な温泉の一つで、八甲田山の麓にあります。風情のある千人風呂が有名です。人も多いですが、硫黄の香りの強い酸性のお湯は格別です。
温湯温泉
黒石温泉郷にある温湯温泉の共同浴場です。普通の温泉かと思いきや、とにかく温まり方がすごい。すごすぎて長湯できませんでした。
日景温泉
十和田湖の西にある霊泉日景温泉。皮膚病によいといううたい文句の通り、非常に良質のお湯でした。びっくりです。(追記:残念ながら2014年に廃業されました)
鶴の湯(乳頭温泉)
乳頭温泉の名湯鶴の湯。人気のある温泉です。4種類のお湯が楽しめます。さすがにどのお湯もレベルが高い。内湯は狭いですが、露天風呂は圧巻の眺め。晴れた日に行きたいお湯です。
黒湯(乳頭温泉)
乳頭温泉でもっとも歴史のあるお湯の黒湯。建物を含めた風景とその雰囲気にやられます。古き時代の湯治場の良い雰囲気を残している温泉。お湯もよくてこちらもお勧め。(改装されて新しくなってしまったのが逆に残念)
玉川温泉(八幡平)
八幡平ではやや南にある玉川温泉。酸性度が高く、効能が高いと言うことで全国的にも有名なお湯です。長いことお湯に入っていると肌がぴりぴりしてくることからも、その強さが伺いしれます。しかし、本当にすごいのはその雰囲気でしょう。硫黄で黄色く染まった荒れた岩肌と吹き上げる蒸気。あちこちで岩盤浴をする湯治客。その重苦しい雰囲気は、この温泉の本当の力を表しているかのようでした。
後生掛温泉(八幡平)
こちらも有名な温泉。後生掛温泉はちょうど玉川温泉の山の反対側になります。地中から泥が吹き上げられて作られる泥火山が有名。岩肌のあちこちから泥が吹き出していて、景色を濃い灰色に染め上げています。お湯としては、この泥を使った泥湯が特徴。お肌すべすべです。余談ですが、ここの食堂のカレーはおいしいです。
泥湯温泉
あちこちから蒸気が噴出する様は圧巻。ひなびた感じが素敵な3軒だけの小さな温泉街です。奥山旅館が有名ですが、今回は小椋旅館に泊まりました。こちらは懐かしい感じのする宿です。お湯は泥湯の名の通り濁った白色です。
川原毛大滝湯
これは本当の秘湯。車で山道を行った奥にあります。ここでは、巨大な滝や川がすべて温泉。しかもお湯がすこぶるいい。滝壺が天然の浴槽です。もちろん全部露天風呂。ちなみに水着着用。川湯温泉もすごいけど、これはそれをはるかに越えています。初めての体験でした。
栗駒山荘(須川温泉)
栗駒山荘は、須川温泉郷にあります。山の上にあるので、非常に展望がよいです。スッキリと晴れていれば、遠くまで見渡せます。きれいで非常に気持ちのいい温泉です。