台南

台南はかつての台湾の首都であり、「台湾の京都」とも呼ばれる歴史ある街です。あちこちに古蹟が点在し、広すぎない街並みがゆったりとした時間を提供してくれます。今回は時間がなくて安平地区などへは行けませんでしたので、次回はぜひ行ってみたいですね。

食べ物
台南にもおいしい食べ物がいっぱいあります。いっぱいありすぎて、胃袋が足りないくらいでした。それでは順番に。まずは、華都小吃城(民權路、民生緑園近く)の小籠包や揚豆腐。しっかりした味付けが特徴です。有名な阿霞飯店(忠義路二段)の蟹おこわもとってもおいしいですよ。でも早く行かないとなくなってしまうので注意です。再発號肉粽では、特製ちまきを頼んだらあまりの大きさにびっくり。でもおいしくてペロリでした。他にも、度小月赤嵌樓担仔麺の担仔麺、赤嵌棺材板の棺材板、福記肉圓の肉圓、禄記包子(青年路、民生緑園近く)の肉まんなど、ふらりと入って食べられるものもたくさん。また、さすが南方だけあって、格段にフルーツがおいしかったです。今回食べた裕成水果(民生路一段、永福路近く)のマンゴーかき氷は絶品でした(台北のよりもおいしかった)。
古蹟
写真
台南駅の近くに、赤嵌樓孔子廟などの古蹟が集まっています。だいたい歩いてまわれる範囲なので、散歩がてら回ってみるのがいいかも。また、大通りを一歩外れて、狭い路地裏に入ってみると、歴史を感じる独特の街並みが広がります。廟もあちこちにあります。適当に歩いても大抵は大通りにぶつかるので、迷子にならない程度に探検してみるのも面白いですよ。